AST・ALTとγ-GTPを下げるには?

γ-GTPとはどういう数値?

 

AST,ALT,下げる

γ-GTP(ガンマ-グルタミルトランスペプチダーゼ)とは、肝臓に存在する酵素の一つです。

 

このγ-GTPは、ASTやALTと同様に、肝臓や胆管の細胞が破壊されることによって血液中に流出してしまいます。
このため、血液検査でγ-GTPの数値が高く出てしまった場合は、肝臓や胆管の細胞が破壊されているという判断がされます。

 

ですが、血液中のγ-GTPが多くなったからと言って、それ自体が体に何か悪影響を及ぼすというようなことはありません。
しかし、γ-GTPの数値が高くなればなるほど肝炎肝脂肪が進んでいると考えられますし、胆管がんすい臓がん肝臓がんなどの可能性も考えられるため、注意が必要です。

γ-GTPをさげるには?

 

AST・ALTを下げる

γ-GTPの正常値は、男性の場合で50IU/L以下、女性の場合で32IU/L以下となっています。
もし、この数値が100IU/L以上出てしまったという場合には、重大な病気や脂肪肝の進行などの可能性が考えられますので、直ちに医師へ相談しましょう。

 

しかし、現状でγ-GTPの数値が100IU/L以下であった場合には、その原因は脂肪肝である可能性が非常に高く、生活習慣の改善などによって比較的短期間で正常値に戻すことができます。

 

そして、この脂肪肝で常日頃より気を付けておきたいのが、アルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪肝です。
ですから、毎日お酒を飲む方でγ-GTPが高かった場合には、まず飲酒の習慣を見直す必要があります。

 

 

 

γ-GTPを下げることとして行いたいのは、やはり禁酒です。
しかし、禁酒するとなるとどうしてもストレスになってしまうこともありますよね。

 

そこで行いたいのが適正飲酒を徹底するという事です。
この適正飲酒とは、「純アルコール20g=1単位」とした場合、「1日の飲酒量=2単位まで」にしましょうと言うものです。

 

そして、その1単位にあたるのがこちらです。

 

・ビール = 500ml

・日本酒 = 1合(180ml)

・焼酎 = 0.6合(110ml)

・ウイスキー  = ダブル(60ml)

・ワイン = 1グラス(180ml)

 

恐らく、思った以上に少ない!と思われたのではないでしょうか?

 

最初はやはり、かなり飲み足りない感じがすると思いますが、飲酒後に暖かいお茶やコーヒーを飲むなどすると比較的満足感を得やすくなります。
また、お酒が飲み足りないからとジュースを飲んだり、食べ物を沢山食べてしまっては元も子もないので、この辺りも意識した食生活を心がけましょう。

 

 

 

肝臓・健康数値を改善!

↓レバリズム・L公式サイトはこちら↓

レバリズム-L

数値撲滅モニターキャンペーン中です

 

>>AST・ALTを下げるにはコレ!トップページへ